普天間基地移転の「落としどころ見えてきた」は本当なのか

印刷

   鳩山首相にどういう成算があるのか分からないが、これが首相の言う『腹案』なら沖縄県民は愕然、唖然、茫然だろう。

キャンベル国務次官補

   米軍普天間基地の移設先として、鳩山首相の『腹案』は辺野古沖沿岸部の埋め立て案を修正した内容だ。すでに岡田外相が米側に提案したとされる修正案は、埋め立て方式をやめて、箱を浮かべる『フロート方式』ないし杭を打ち込む『くい式桟橋方式』の2案。首相も『くい式桟橋方式』を容認しているという日本側の提案に、米国側もようやく乗り気になったという。

容認されるのか

   米国側のキーマンといわれるキャンベル国務次官補は「最近の日本側との対話やいくつかの提案に勇気づけられている」と語っているが、

   「地元の納得が得られる案が原則」として実務者協議を拒否していた米国側が、辺野古沖沿岸部容認に動き出したのにはどんな事情があるのだろう。土壇場で鳩山内閣に助け舟を出したという見方もあるが、実務者協議を拒否していたのも、最後は辺野古へ持っていくためのアメリカの戦術だったのではとも読める。

   スタジオでもコメンテーターたちから疑問の声が次々上がる。ジャーナリストの鳥越俊太郎はこう見る。

   「鳩山さんの心は正直いって読めませんが、『埋め立ては自然への冒とく』と強調された。これは埋め立てしなければいいんだよねと受け取れた。この修正案が最終的な案になるのかもしれないが、沖縄の人からは県内と同義語ですから容認できないでしょう」

   作家の若一光司は鳩山内閣をズバリ斬って捨てた。

「地元との折り合い以前の話。裏切るような話だと思う。正直、ここまできて現政権に望むのは、この問題を決められなかったのだから、しょうもない結論を出さずにもう辞めてくれ。次の政権にまかせるぐらいのほうがいい」

   永田町に詳しいテレビ朝日コメンテーターの三反園は、「アメリカ側を納得させる案を出したのは、交渉を先送りする口実に使える」からというが、アメリカをそれほど気にすることはない。むしろ先送りし、自民党政権時代に廃案になったこの案で地元を納得させる成算が果たしてあるのかどうか、そこが一番の問題になってくる。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中