楽々ゴールのはずが…信じらんない!サッカーの大バカ珍プレー

印刷

   世紀のミス――そんなサッカーの珍プレー動画が、YouTube(ユーチューブ)で笑いのタネになっている。話題の選手はアメリカ・カナダのプロサッカーリーグMLSのカンザスシティ・ウィザーズで活躍するケイ・カマラで、シエラレオネ国籍のフォワードだ。

   ちょっと見ると、きれいに決まったゴールに見えるのだが……。味方選手がシュートを放つ。カマラは抜け目なくゴール前に詰めていた。相手キーパーは飛び出しおり、周りには誰もいない。ボールはほぼゴールライン上までコロコロと転がってきた。あとは数センチ押し込めば仕事は完了。

   カマラはスライディングしながら、ボールをネットへ。決まった! と誰もが思っていたら、審判がボールをゴールライン付近に置くではないか。いったいどういうこと?。

   スローのアップ映像で真相が判明する。カマラはボールを蹴り込もうとして、空振り転倒。そのとき腕でボールに触り、「ハンド」を犯していたのだ。相手選手のグレッグ・バーハルターは「とても信じられないような場面だった」と大喜びだったという。

   動画サイトでサッカーの珍プレーは数多くあって、なかでもゴールキーパーの珍プレーは失点に直結するせいか、人気が高い。「キーパーの珍プレー・トップ10」(http://www.youtube.com/watch?v=U4b7flwMTwM&feature=fvw)といったコンピレーションには、トンネル、致命的なトラップミス、ヘディングゴール(?)などなど、いやあ面白い。

   日本のJリーグも、世界から『高い評価』を受けるGK珍プレーが目白押し。柏レイソルにいた南雄太は「伝説のオウンゴール」(http://www.youtube.com/watch?v=QYW5KfIfzCM)を決めた。ボールをセンター方向ではなく、正反対の自陣ゴールに投げ込んでしまったのだ。東京ヴェルディだった水原大樹(http://www.youtube.com/watch?v=kVHE95gGJyg)は、バックパスをコントロールしようとしてボールを見失い、ボールを残したまま走り出してゴールを奪われたことがある。

   今年6月には南アフリカでワールドカップが開催される。当探偵社としては、さらに笑える珍プレーを期待したい。

OP・コンチーネ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中