草刈民代「龍馬伝」に再登場 テレビドラマに本格進出

印刷

   日本を代表するプリマドンナとして活躍してきた草刈民代(44歳)が、本格的にテレビドラマに進出し女優としての活動を始めた。龍馬が愛した京都の船宿「寺田屋」の女将・お登勢役で、NHK大河ドラマ「龍馬伝」に6月13日の第24回放送から登場する。草刈は「龍馬伝」第1回にも龍馬の母親役で出演しており、再登場となる。

   寺田屋で龍馬は幕府側の襲撃を受けて九死に一生を得るが、お登勢は幕末の志士たちを支える気丈な女性だったといわれ、草刈も「器の大きい女性を演じたい」と語っている。

   草刈は昨年バレリーナを引退し、先ごろ、写真集「BALLERINE(バレリーナ)」を出版、鍛え上げられた肉体のすばらしさは芸術品といってもいいが、なかには胸を出したヌードショットもあったりして、話題となっている。今回の大河ドラマ再出演をきっかけに、女優・草刈民代としてさらに活躍の場を広げていくことになりそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中