フロンターレ川島永嗣 W杯「戦いにいくんだ」

印刷

   Jリーグ・川崎フロンターレのゴールキーパー川島永嗣が2010年5月10日、W杯南アフリカ大会の日本代表メンバーに選ばれた。5月11日のブログで、早速そのことを報告している。

   発表はクラブハウスのテレビで見ていた川島。代表入りが決まったが、うれしさや安心感は芽生えてこなかったという。むしろ、「戦いにいくんだという、更に強い気持ちにさせられました」という。

   同じポジションで代表に選ばれた楢崎正剛や川口能活が4度目のW杯となるのに対して、川島は今回が初出場。岡田武史監督は、「大一番で力を発揮する強心臓の持ち主」と川島を評している。自身は、「ここからが本当の戦い。世界との戦い」と気を引き締める。

「日本だからできること。日本にしかできないこと。
個人としても、チームとしてもチャレンジしたいと思います」

   南アのピッチに立ち、世界の強豪を相手にゴールマウスを守る日が来るのを、川島は心待ちにしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中