重盛さと美、母親と叔母の『大暴れ』に気絶寸前!

印刷

   タレントの重盛さと美は日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」の収録が終わり、明石家さんまの楽屋に挨拶に行こうとしたら、母親と母親の妹(叔母)が「静かにするからついていかせて」と言って、「年のわりに可愛い笑顔」で頼んできた。

   しぶしぶ連れて行くことにしたら、楽屋に着いた瞬間、母親が「キャーサイン下さい~!」と言って、「ドデカイ垂れ幕」を広げたのだ。重盛は驚きのあまり気絶しそうになった。さんまにサインと「生きてるだけでまるもうけ」という座右の銘を書いてもらい、ホッと一息つこうとしたら、今度は叔母が「バックにサイン下さい~!」と絶叫。「こ、この姉妹何でもありだ…!!」。開いた口がふさがらなかった。(2010年5月13日のブログ)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中