2021年 9月 28日 (火)

「美人時計」静止画の魅力。動かして二匹目のどじょう狙ってみなコケる

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   アメリカで「i-pad」が世界にさきがけ発売された時、ニュースでニューヨークかどこかでインタビューされていた50代後半位と思われる白人の男性のコメント。

「茨城県から来た!日本の5月発売が待てなくて、アメリカまで買いにやって来たよ!」

   これを聞いて唖然とした。あ~、よりによってインタビューした白人が、日本から来ていた人だったなんて、スタッフも運がいいというか悪いというか……。そして、いい大人がそこまでして欲しいものなのかとも考えた.

「i-pad」買おうかなあ、どうしようかなあ

   先日、日本でも予約が始まった。そうなるとやっぱり欲しいかも~と、ミーハーゴコロがうずく。仕事に便利なのは間違いない。ん~、欲しい! だが、あくまでも仕事用として。やっぱり小説は本で読んでいたい。

   ページをめくる感覚、小説にリンクしてくるかのような紙の手触りは、どうしても捨てがたい。小説の世界観が自分の中で響いてくるあの喜びは、紙で味わいたいのだ。それに、映画「ネバーエンディングストーリー」のように、小説の世界に入り込んでいく様は、どうしたって本のほうが映像になるというもの。主人公たちと同じ土俵に立っているかのような感覚、想像力と妄想が高まって、小説と現実との区別がつかなくなってくるあの瞬間。文字だけにもかかわらず、想像力でより小説は立体的に、そして読み手それぞれの頭の中で、具現化されていく。印字の雰囲気と匂い、そして紙についている小さなシミだって、小説の世界を味わうには大きな立役者になってくれる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中