2018年 7月 21日 (土)

虻川美穂子 10年同じ靴下をはいていた

印刷

   お笑いコンビ「北陽」の虻川美穂子が、いかした女になるために実践していることを紹介している。

   オーガニックシャンプーを買ったのは4月末のことだ。値段は少し高めにもかかわらず、「良い女気取り」で奮発したのだ。が、使ってみるとトニックシャンプーに比べて泡立ちが少ないし、頭もかゆくなり、どうも合わない。でも最近、知り合いが彼女にシャンプーを送ってくれたらしい。「スカッとさわやか」な使い心地が気に入っている。

   が、ずぼらな虻川は、ゴムが伸びきった「10年もの」靴下でも気にせずはいてしまうことがあったが、これも最近は「いかした女になりたくて思いきってはかないようにしました」と告白。4月に婚約したことが影響しているのかもしれない。

   ともあれ、35年も続けてきただらしのない生活は、身にしみついてしまっていて、「なかなかこすりとれないわ~」と嘆いている。(2010年5月16日のブログから)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中