ピーコ愕然!「(鳩山は)かりゆしなんか着てる場合じゃない」

印刷

   再度、沖縄入りして仲井真知事に会った鳩山首相は、普天間基地移設で県民に期待を抱かせながら果たせず、現行案に近い辺野古付近に戻らざるを得なかったことを詫びた。「たいへん遺憾。きわめて厳しい」と返す知事。このVTRを見たスタジオ陣のコメントは――

大企業の新社長によくあるパターン

   小倉智昭キャスター「民主党・鳩山政権は自民党と違うことをやりたいんだという気持ちが強いのだろう。そこで最も難しい基地問題に手をつけたら、結果こういうことになっちゃった」

期待しすぎ反省

   夏野剛(慶應大学大学院特別招聘教授)「悲しいですね。日本の場合、リーダーの想像力が決定的に欠けている。ふつうに考えれば、なんでこうなるんだろう、ということが繰り返されている。とんでもない解決策があるのでは、と想像されていろいろ発言されて、結局、元に戻ってくる。大企業でよくある、新しい社長が来ていろいろやるパターンと同じ。イヤなものを見た感じがする」

   ピーコ(ファッション評論家)「鳩山さんがこんなにひどいとは思わなかった。今回、愕然とした。沖縄のことなんか鳩山さんの中にはひとつもなかったってことでしょう。ひとつとしてちゃんとしたことを沖縄の県民からすくいあげようとしていない。(首相にかりゆし)シャツなんか着てもらっても困ると沖縄の人は思うでしょう」

   小倉「国民が選択して生まれた政権だから、期待しすぎたことを反省しなきゃいけないかもしれない。衆院を解散でもしない限り、民主党政権が続くわけだから、なんとか踏ん張ってもらわないと、国民はたまったもんじゃない」

   首相はアメリカとの合意を優先して、またしても沖縄を置き去りにした。地元の絶望、怒りは大きいに違いない。どうやって解きほぐすつもりだろうか。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中