岡田監督いまさら進退伺いなんて!早くも終わったか日本のW杯

印刷

   「きのう(5月24日)のサッカー見てたら元気なくなっちゃうよなあ」と小倉智昭キャスターがこぼす。大方のファンは同じ思いだったのではないだろうか。宿敵韓国に2-0で完敗。笠井信輔アナによると、壮行試合で負けたのは初めてらしい。

選手が不安になっただけ

   番組が拾ったサポーターの声も「がっかり。楽しくなかった」「点とれる気がしない」と落ち込みが大きい。

壮行試合で初の敗北

   ワールドカップに派遣される大村正樹リポーターが「収穫が3つあった」として、「ケガ人が出なかった。楢崎もPKの球筋を読んでいた。森本貴幸が存在感を出した」と強調しても、空しくひびくだけ。大村は「受験生の子どもに勉強しろと親が言っても受からない。選手たちがやらなきゃいけない。当然やる気でいると思う」と続けるが、これもすんなりと入ってこないコメントだ。空元気が踊っている感じ。

   驚いたのは試合後、岡田武史監督が日本サッカー協会の犬飼基昭会長に進退伺を申し入れて慰留されたこと。本大会の3週間たらず前に、いまさら自信のなさをさらけ出してどうするつもりなのか。選手たちも不安になるだけだろう。

   笠井が「指揮官に奮起してもらって頑張っていただきたい」と結んだが、意気が上がらないワールドカップになりそうだ。 

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中