政治のダメさ加減を国民のせいにしてもむなしい

印刷

   今夏の参院選でタレント候補者が乱立しそうな問題が、番組の小さな国会で取り上げられた。現段階で、民主党からは柔道の谷亮子、元体操の池谷幸雄、タレントの岡部まり、俳優の原田大二郎ら8人が立候補予定。対して自民党は、前巨人監督の堀内恒夫、女優の三原じゅん子、元プロ野球選手の石井浩郎ら。

サッチーにほめられた生方幸夫


この問題では3人が証人(ゲスト)として呼ばれ、ほとんど一人で喋っていたのはタレントで元民主党参院議員の大橋巨泉である。「いまの政党には売るものがない。そういうときは著名人の名前は(投票で)書きやすい」と元タレント議員が証言すると、番組常連の生方幸夫(民主党副幹事長)は「そうでしょうね」とニヤつきながら認める。「そうでしょう、って言っちゃっていいワケ」と太田光総理(爆笑問題)が。

   テレビで自党への批判も辞さない政治家と言えば、自民党の河野太郎が自然と思いつくが、現在の民主党では生方がその双璧をなす。もっとも、河野は激しく執拗に、執行部を口撃するのに対して、生方は「○○なんでしょうねえ」「どうなんでしょうねえ」「知らない人が決めてるんで」などと、オザワに対する当てつけと思わせぶりな発言を、のらりくらりと繰り返すのが持ち味となっている。

   生方が「残念ながら、(民主党が)いま迷走してて、本当に売るものがつくれない。目をそらせようというのは正当な方法じゃないと思いますね」と言うと、エッセイスト(番組による肩書)の野村沙知代からは、「久しぶりで本物の政治家を見た。自分の党に対してこれだけ言える人は珍しい」とお褒めの言葉を与えた。

政治家は「有権者責任」言える立場じゃない!

   その後、巨泉が「(タレント議員を)最終的に選ぶのは国民だし、一番おろかなのは国民なんですよ」と話を進めると、ソーリは吼えた。

「(タレントから見て)『これは良い』って番組が必ずしも数字を取れるわけではない。そのギャップはあるけど、視聴者がバカだって言っててもしょうがない。(同じように、政治が悪いのを)国民のせいだって言っててもむなしい」

   これはソーリの持論で、とくに当事者の政治家から「有権者責任」説が出てくると青筋立てて怒り出すのである。

「生方さんは(タレント議員乱立を)やめさせる立場じゃないのか。あるいは巨泉さんも近い場所にいる。そういう人たちが改善するべきなんじゃないの」

   すると、一見、しょぼくれた風の巨泉はソーリを指さし、一喝した。

「お前、まだ若いんだから、1度議員になってみな。分かるから」

   お前呼ばわりのうえ、思わぬロジックを食らって、ソーリも目をぱちくり

   「政党の内部は、一人で改革とか改善とかできないんだよ。執行部という壁がドンとある(それが壊せなくてオレは議員を辞めた)」というのが巨泉の理屈だった。話の中身はともかく、テレビ的な迫力の面では、ソーリがやや押され気味な一幕ではあった。

ボンド柳生

太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中(日本テレビ系)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中