岡田監督「進退伺い騒動」―完敗責任逃れの1人芝居?

印刷

   岡田武史監督の「冗談だった」発言が波紋を呼んでいるらしい。対韓国戦完敗後の会見で「(犬飼基昭・日本サッカー協会会長に)進退伺をした」と言ったことを、監督本人がジョークだったと弁明したというのである。番組が流す会見のVTRを見直しても、監督の面持ちは沈痛で、とても「冗談」とは思えないが……。

松木安太郎「自分から発したのかも」

   会見を現場で聞いたというスタジオゲストの松木安太郎(サッカー解説者)は、「悪いゲームをした直後の監督のコメントで、憔悴しきった表情に見えた」と話す。

本心があった?

   キャスターの小倉智昭から「(岡田監督の)本心があった?」と問われた松木は、「本心が入っていたとしか思えない」と答えつつ、「翌日の新聞で『岡田、進退』と書かれるのはわかっているから、自分から発したことはあるかもしれない」という見方も示した。とすれば、なかなかの頭脳プレーともいえる。

   ワールドカップに特派される大村正樹リポーターによれば、試合終了後、岡田監督が「僕でいいんですか。会長に迷惑がかかるかもしれません」と言ったという。これに対して会長が「やれ」と述べ、監督は会見で「前に進むしかない」と語る。そして翌日「進退伺」がマスコミで大きく取り上げられて大騒ぎになってから、監督が会長に電話して「僕でいいんですかというのは、僕にやらせて下さいという意味です」と釈明したといわれる。

   松木の言うところでは「(岡田監督は)ジョークがヘタ」だそうだ。ヘタな冗談は飛ばさない方がいい。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中