TV局は目下「そこのけそこのけW杯担当が通る」状態

印刷

   いよいよ始まったW杯。新国技に認定された如く、熱狂的に盛り上るようになって久しい。

   ユニフォームをブルーに、サムライブルーと命名したのは誰なんだろう。スゴいことだ。

   サムライという言葉を引き合いに出すことで、より国民に『日本人』意識や選手へのインスタントな感情移入に成功し、巻き込みやすくした点で素晴らしいネーミングだと思う。

   ところで、日本のサッカー熱はグローバルリズムという言葉とともに広まったのではないだろうか。日本にとって親分のようなアメリカでのサッカー熱は未だ微妙に思えるが、世界中が熱狂しているのに、なぜ日本人はそんなにサッカーが好きじゃないの? これじゃあ本当の意味で世界に置いていかれるよ! と、世界標準・国際感覚を身につけたくて仕方がない日本人の島国魂にサッカーは火を付けたように思う。

   これは誰かの陰謀でもなく、サッカー愛が日本国民を熱狂させたと思いたい。単純にサッカーを愛する人が国内リーグだけでなく、国民的スポーツとしてサッカーをもっと多くの人に好きになってもらいたい! という願いだったのだろうと。そして、その陰謀否、願いは見事に通じた。マーケティングは大成功で大スポンサーがつき、サッカー関連のビジネスは雨後のタケノコ状態。まぁ、その後はご存知の通りですけど。だがしかし、まるで敷かれたレールに乗っかるように、Jリーグのチームすら知らないような人でも、W杯でサムライブルーの健闘を祈るように日本人の心は変わった。サッカー好きになったことで精神的に世界の仲間入りをしました! とでも言わんばかりに。

お弁当やカップ麺の自販機ズラズラ

   さて、そんな日本人の期待にこたえるべく奮闘するのが中継スタッフだ。選手たちがどれだけ奮闘してくれても、その姿を生中継で見ることができなければ何もならない。

   先日、知人のスポーツ部に配属されているディレクターも南アに飛んで行った。ちなみに、治安を心配する彼の家族は、実家に家族一同を呼び寄せて壮行会を開いたらしい。33歳の大の大人が、ちょっとはにかみながら照れくさそうに話していた。

   現地に飛んだスタッフが送ってくる情報を受け取る方も大変だ。某局のスタジオフロアーでは、毎回、特別に中継機材が持ち込まれ、廊下のスペースをつぶして調整室に充てている。そのために特別に警備員が数人配置され、現地との時差と闘うスタッフのためにお弁当やカップ麺の自販機がズラズラと鎮座する。さらに絶えず機材が放つ「ブーンッブーンッ」という重低音と熱風が、見なれた空気を若干緊張させる。なにより、この時期はW杯中継が最優先のため、レギュラー番組でもスタジオのリソース押さえが難しくなる。国民最大の関心事のサッカーには誰も楯突けないのだ。

急ごしらえの愛国精神丸出し応援態勢

   歌番組もバラエティー番組も、なんだか肩身が狭いようにスタジオで収録する状況が続く。廊下ですれ違う徹夜続きでフラフラになっているスポーツのスタッフから、「お前らバラエティーとかは呑気でいいよな~。一刻一刻が真剣勝負じゃねぇもんな」と思われていそうで、気の弱い私など肩をすぼめて歩いてしまう。収録時にスタッフがホワイトボードに書き込む番組名やスケジュールを見ても、心なしかいつもよりも小さく見えてしまうほどだ。

   そうなのだ。私たちが作っているような番組はビッグスポーツイベントや政変時にどうしても負ける。彼らのおかげでお休みになってしまうのだもの。

   どうもこの急ごしらえの愛国精神丸出しの応援態勢は好きになれない。スポーツに関心もなく、肩身の狭い思いをしている身としては、なんとも言えない気分になるのである。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中