2018年 6月 20日 (水)

武田修宏キャンプ地・ジョージから生報告「オランダ戦は攻撃型先発」

印刷

   ワールドカップ関連ネタは、南アフリカへ派遣された武田修宏(サッカー解説者)からの現地報告。日本チームのキャンプ地、ジョージは午前1時ごろとのことで、MC加藤浩次の問いかけに答える武田の声は眠そう。

岡崎入れてツートップも

   加藤「チームの状態は?」

先発メンバーは?

   武田「練習ではリラックスした様子で頑張っていた」

   加藤「日本国内の盛り上がりを選手たちはわかっているか」

   武田「情報とかがあまり入ってこないので、わかっていないみたいだ。われわれもカメルーン戦の視聴率がよかったと聞いているけど、具体的な数字はわかっていない」

   加藤「オランダ戦の先発メンバーはどうなりそう?」

   武田「岡崎を入れてツートップにしたり、ボランチも3枚から2枚にして阿部を外すのではないか。遠藤、長谷部のダブルボランチで、トップ下が本田の形になるのではないか」

   加藤「前がかりでアタマから攻撃で行くということですか」

   武田「練習内容とか選手の意見からすると、攻撃的に早い時間に先制点を取りにいくのではないか」

   といった調子の国際電話が終わったところで、加藤はコメンテーターの本村健太郎(弁護士)にオランダ戦の見方を聞く。

   本村「オランダは強い。日本はムリをしない方がいい。守備をきっちりやらないと4-0で負ける。まともにいったら負ける」

   加藤「本村さんが言うまでもなく考えていますって」

   サッカー通の加藤にしてみれば、本村の「にわかファン」ぶりが許せなかったようだ。

   こんな感じの会話が日本中で行われていることだろう。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中