2018年 7月 18日 (水)

オランダ戦に「便乗」自民党の参院選向けCM。で、広告料金は?

印刷

   明日のW杯南ア大会「日本対オランダ戦」は土曜夜の8時半キックオフということもあって、テレビ視聴率は50~60%と驚異的な数字が予想されているが、もし日本が先制点でも取れば、過去最高だった2002年日韓共同開催の「日本対ロシア」の66・1%を上回ると見られている。

   これにぬかりなく目を付けたのが自民党だ。参院選向けCMを試合の中継放送で2回流すことにした。内容は「いちばん。」をキーワードに、白いバックの前に谷垣禎一総裁が登場して、こう語りかける。

   「今のあなたと同じように、私も日本のことを熱く思っています。世界でいちばん幸せな国になるために、私たちは実行します」

   どのタイミングで流れるかはまだ未定だが、選挙向けCMの放送はこれが最初になる。

   気になる広告料金、自民党はいくら払うのか。大手広告代理店のスポーツイベント担当者はこう話す。

「実は日本がカメルーンに勝つまでは、W杯のスポット広告枠は半分ぐらいしか埋まっていなかった。1勝してからやっとバタバタと決まりはじめましたが、オランダ戦はその中でも最も高い。30秒スポットで1億円ぐらいです。自民党は2回流すということなので、1億6000万円から1億8000万円というところじゃないですかね」

   実況中継は地上波はテレビ朝日系が放送するが、NHKもBS1で放送する。絶叫アナや応援団解説者を嫌った視聴者がBS1に流れたら、自民党は捕らぬタヌキのなんとやらになりかねない。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中