えなりかずき「サブリミナル」制作してたら猛烈に気分悪くなった

印刷

   俳優のえなりかずきは「サブリミナル効果は存在するのか」という実験を行った。

   サブリミナル手法は映像の中に一瞬、関係のない画像を紛れさせるというもので、見た人の潜在意識に影響を与えるといわれ、テレビでは禁止されている。えなりは「どうせならテレビで出来ないことを」と思い、サブリミナル動画を作ってみた。ところが途中、猛烈に気分が悪くなり、仕上げられなかった。「禁止されるのは理由がありますね」と納得している。(2010年6月22日のブログ)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中