2018年 7月 18日 (水)

やっぱり中継中止か NHK「相撲雑誌」は発売延期

印刷

   どうやらNHKは大相撲名古屋場所の中継放送を中止する方向で動き出したようだ。「どういうケジメが付けられるのか見守りたい」としているが、定例会見で放送総局長と理事がわざわざ中止に言及したのは、すでにNHK内部では「中止のための準備」を進めているということだ。

   それを裏付けるような動きがあった。NHKサービスセンターが発行している相撲雑誌「NHK大相撲中継」の名古屋場所展望号の発売を延期すると発表したのだ。当初の発売予定はきょう(6月24日)だった。延期の理由は「名古屋場所の開催が不透明なため」だが、このまま発売しても記事がおかしなものになってしまう可能性が高い。

   「大相撲中継」には「幕内力士一覧」「十両力士一覧」「取組が予想される相手との成績」などの記事があって、有力親方が場所展望を語る。たとえ名古屋場所が開催されても、次々と「賭博休場」が出て、力士一覧が名ばかりのものになりかねないし、予想した「取組」がなくなる事態もありそう。また、「角界ニュース」欄で「維持員席問題」「賭博問題」にまったく触れないわけにもいかないだろう。

   いまのところは7月6日発売予定としているが、NHKが中継放送中止を決めたら雑誌だけを発売するわけにはいかないという声もあり、最終的に発売中止になる見通しが強まっている。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中