いきなりの挑戦と当然の失敗 バラエティーはこうでなくちゃ

印刷

<いきなり!黄金伝説。(テレビ朝日系木曜>実はこの放送はかなりの長寿番組なのだ。スタートは10年以上前で、その頃はテレビ朝日はバラエティーにあまり熱心ではなく、この番組も深夜枠だった。それをゴールデンに進出させ、看板バラエティーとして育ててきた。テレビ朝日にとっては宝物のような番組である。それだけに、押さえるところをきちんと押さえた面白い作りになっている。

テレ朝にとってお宝番組

   6月24日の放送は「深海魚NO.1決定戦」の後編で、先週からお笑いタレントの宮川大輔と「よゐこ」の濱口優が、それぞれ高知県土佐湾、静岡県駿河湾で深海魚をゲットし、それを調理して食べて見せ、その奮闘ぶりとおいしそうかを一般女性100人に判定してもらうという内容だった。

   宮川も濱口も大荒れの海で悪戦苦闘しながら「ターゲット深海魚」を釣ろうとするが、どうにも釣れない。地元漁師だってそんな魚を狙ってとったことはないのだから当たり前で、ひどい船酔いに苦しんだり、スタッフも手伝ってやっと上げてみたらまったく違う魚だったりと、シナリオのない『お笑い』が展開される。

   結果は73対27で宮川の勝ちとなったが、2人とも体を張っていてなかなかやるなあと感心させられた。近ごろのバラエティーは再現ドラマをスタジオで流したり、失敗談を大げさにしゃべらせたりして、ゲストのお笑い芸人があれこれボケて笑わせるという「作り物」全盛だけれど、この番組は大まじめにやりながら、それがうまくいかないで笑いを誘うという、バラエティーの原点みたいなところが残っている。

   そもそも、「黄金伝説。」はタレントが素人ながらに料理や釣りにチャレンジするという番組の草分けで、予定調和ではない、うまくいくかどうかわからないスリルで番組が進行するというところが面白さの理由だ。なかなか男臭い番組で、これからもがんばって欲しいと期待したい。

      男臭い 磯のかおりに 徹しよう

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中