2018年 7月 22日 (日)

仲介役の処分ないの?「尻尾切り」相撲協会に疑問噴出

印刷

   大相撲の野球賭博問題で、大関琴光喜、大嶽親方が解雇処分を受けた。赤江珠緒キャスターは「そのほかに仲介役の床山などもいる。処分はこちらのほうが重いはずでは?」と問題提起。

警察の調べを待ってあらためて……

   床山の処分ってどうなった? これはアドリブの質問だったのか、進行役の小木逸平アナが口ごもるなか、ゲスト出演した東京相撲記者クラブ会友の中澤潔が、床山は処分されてないと回答。

だったら琴光喜、大嶽親方も
「相撲協会は警察の調べを待って、あらためて処分することを考えてると思います」

   「だったらね! 琴光喜、大嶽親方も処分を待ったらどうだ」とコメンテーターの鳥越俊太郎(ジャーナリスト)。

   なぜ、先に厳罰にが下ったのか。理由としては、相撲協会の調べにウソをついた、金額が大きいなどが以前のスパモニで紹介されていたところではある。だが、今日のスタジオでは、処分の理由は「名古屋場所開催のための(拙速な)尻尾切り」とする見方がどんどん勢いを増していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中