戸田恵子、マンハッタンで出会った日本の青年

印刷

   女優の戸田恵子が米ニューヨーク・マンハッタンに滞在中、信号待ちをしていたら、日本食レストラン「サッポロ」のユニフォームを着た日本の青年に、「戸田さ~ん! サインお願いできますか。こんなのしかないんですけど~」と声をかけられた。

   青年が差し出したのは、注文を書くメモ用紙だった。戸田は「勿論! いいよ!」と快諾。青年は、「ありがとうございます! 僕はサッポロでバイトしながら洋服の仕事をしています。ニューヨーク楽しんで下さい!」とシャレたことを言ってくれて、戸田の方が若者からパワーをもらった。ただ、心残りなのは、戸田は「ありがとう」と言っただけで、「洋服のお仕事、頑張ってね!」と返せなかったことだという。(2010年7月6日のブログ)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中