2018年 7月 18日 (水)

若者の投票率アップ「電子投票」に取り組め

印刷

   参院選の投票日まであと4日。番組では投票率向上のための試み――駅前投票所(取手駅)の設置や投票者への特典――が紹介された。

本気なら絶対できる

   「それもいいんですが」と経済アナリストの森永卓郎。投票率、とくに若者層の低迷を解消するために、「ぜひインターネットを使った電子投票をやってほしい」と訴える。ネット投票にはセキュリティ上の問題が指摘されるが、銀行振り込みだってネットでできるのだから、「本気で取り組めば絶対にできるはず」という。

   それを受けて、メインコメンテイターの鳥越俊太郎は「昔ながらの様式とか風景を大事にする人がいるんですよね」と、まるで他人事のように言う。ただ、このトピックに限っては、鳥越は「昔ながらの様式」を断固保守すべきとは考えてないらしく、「衆院(本会議)の投票も電子化すればいいのにね」と話すなど、電子化への異例の理解を示していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中