ガサ入れで賭博メモや携帯電話 テリー伊藤「場所中に力士逮捕も」

印刷

   きのう(7月7日)警視庁は野球賭博に関わったとされる親方、力士の部屋など30か所以上を家宅捜索した。「賭博開帳等図利」の嫌疑である。野球賭博を裏付けるメモや携帯の通信履歴の押収が目的だった。これを足掛かりに、胴元までたどり着き、立件することが警視庁の狙いだろう。

警視庁はすでに手掛かり

   コメンテーターの本村健太郎(弁護士)は、「全く記録が残っていないことはない。何か証拠は出てくると思う。本当の胴元はともかく、関係者まではいくのではないか」と見る。これまでの任意の事情聴取で、すでに警視庁は何らかの手掛かりを得ているということだろう。

携帯やノート捨てたかも

   キャスターのテリー伊藤は、「相撲協会の調査委員会は事の重大さがわかっていない」として次のように話す。

「調査委員会は力士、親方に『暴力団との付き合いはないだろう』と聞き、ないという前提のもとに名古屋場所開催となった。力士、親方は携帯やノートを隠したり、捨てているかもしれない。調査と捜査には大きな違いがあるから、何か出てきて、場所中にしょっ引かれる可能性もある。ウソがばれたときに、調査委員会はどう弁明するのか。名古屋場所途中での中止もあり得る」

   協会は天皇賜杯や内閣総理大臣杯など優勝力士に贈られる外部からの表彰を一切辞退すると発表した。永谷園や明治乳業などの企業も、取組に出してきた懸賞金を中止するという。相撲一途にやってきた力士やその家族、ファンには気の毒だが、名古屋場所は取りやめるべきだったのではあるまいか。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中