乙武洋匡第2子誕生 ツイッターで「陣痛なう」

印刷

   「五体不満足」の著者で知られる乙武洋匡が2010年7月9日、10日のツイッターとブログで、第2子誕生を報告している。

   ツイッターでは「陣痛なう」にはじまり、病院へと駆けつける間、更新が続いた。移動中はちょうど渋滞に巻き込まれてしまい、カーナビの示す予定到着時刻からどんどん遅れるのには焦った。「こんなときにかぎって…」

   長男の時――2年前の冬――は陣痛から30時間もかかる長丁場。助産師が産まれたばかりの長男を妻のお腹に乗せたとき、彼女が「あったかい…」と言ったときのことを思い出すと、今でも涙が出てきそうになるそうだ。

   そんなことを思いながら、病院には無事に到着した。「みなさん、妻にエールをお願いします」と書き残し、14時15分には待望の第2子、元気な男の子と対面。「妻も、次男も、本当に、本当によく頑張ってくれました。バンザイ」と喜びを爆発させている。

   その後、7月10日に更新したブログでは、「夫婦ふたりで新しい家族の誕生を迎えることができたことに、大きなよろこびを感じています」と報告。家族や友人、周囲の人にも助けを借りながら、小さな命を大切に育てたいと意気込みを新たにしている。ツイッターに寄せられた励ましやお祝いにも深く感謝しているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中