「ビールの味どうなる?」で盛り上がってたサントリー・キリン統合

印刷

   <1年前のワイドショー通信簿>サントリーとキリンの経営統合は懸念されたとおりの破談となったが、日本経済新聞がスクープした直後の1年前は、ワイドショーもビッグニュースとして取り上げた。

   「朝ズバ!」(TBS系)の司会みのもんたは、はじめは「トップはどっちに」「株はどうなるんだろう」「統合メリットは?」などと『経済ネタ』として話を進めたが、そこは呑兵衛のみの、次第にビールの話になって「混ぜたらどうなっちゃうだろね」と脱線し、「各社のビールを並べておいて、枝豆食べてから飲むと、どれだか分からない」と、なんだか大はしゃぎだ。

   「とくダネ!」(フジテレビ系)でも、ゲストコメンテーターのピーコがこんなことを言い出している。

「4社で味がこんなに違うと言ってきたのが、サントリーとキリンが一緒になっちゃうと味はどうなるの」

   まあ、経営統合してもそれぞれのビールブランドが残ることは百も承知でこんなジョークが番組中に出るのは、やはり酒メーカーという話題性があったからだろう。

   破談の原因は、企業風土の違いの大きさ、サントリー創業家の抵抗だったが、これはビールを混ぜ合わせるよりむずかしかったというわけだ。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中