占いタコ「パウル」のタネ明かしに挑戦実験

印刷

   FIFA・W杯で地元ドイツの勝敗を8戦すべて的中させたタコの「パウル」はなぜ占いが当たったのか。どこかに仕掛けがあるはずと、笠井信輔アナが半ば本気になって購入したマダコで実験を行った。その結果は――。

わかるのは色の濃淡

   「銅像にしよう」との話が持ち上がるなど、パウルの人気はタコなのにウナギ登り。日本でもプロ野球のヤクルトが、今シーズンのクライマックスシリーズに進出できるかどうか占ってもらうため、正式オファ―を検討中という。これを聞いたファンは、パウル人気に便乗したお手軽な策に、「えっ、マジっすか。占う前に(ヤクルトが)実力つけたほうがいいね」とまったくその通りの指摘をする。

パウルは1匹じゃない

   問題はパウルがなぜ選んだ国旗のチームが勝ち、100%的中できたのか、好きな国旗でもあるのか。

   タコの生態に詳しい鹿児島大の川村軍蔵名誉教授によると、マダコはカラーの識別はできない。識別できるのは色が薄いか濃いかだけだという。

   タコが好きなのは『暗』というわけで、ドイツと対戦した8か国の国旗の『明』と『暗』を比べると、オーストラリア、ガーナなど6か国はドイツ国旗のほうが『暗』だった。

   しかし、ドイツ国旗より『明』のセルビアとスペインも選んでいて、この説も説得力はいまひとつ。メンツにかけても究明したいと、川村教授は明と暗の中にも好きな濃淡があるのではないかと実験を重ね、論文に発表した。

   それによると、タコが好きな色ベスト3は1位黒、2位赤、3位橙。なんとドイツの国旗だったのだが、これではセルビア、スペインの説明がつかない。

結局わからん!

   そこでスタジオで実験。水槽に2つのビンに白と黒の板を入れ、その前に餌になるカニの足。で、マダコの動きを注視していると、最初は黒の板のビンに行ったが、白のビンに移動してしまった。

   キャスターの小倉智昭は「セルビアのタコとスペインのタコを決めといたんじゃないの。パウルは1匹ではないんじゃないの」と笑う。

   中野美奈子アナも「これがパウルといわれても分からないですよね」と同調した。

   手品もタネ明かしをしては楽しくない。マダコの寿命は3年。年取ったパウルの寿命はあと半年という。引退を宣言したパウルにそうムキにならなくても…。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中