やっぱり温暖化!?止まない異常豪雨―野菜、魚に被害

印刷

   「地球温暖化のせいじゃないの」とみのもんたが繰り返し言っている異常な雨。きのう(14日)は九州、中国がやられた。広島では、野生のシカが川に流されていくかわいそうな映像もあった。

   直接の被害もさることながら、野菜の生育への影響も深刻だ。東京の市場でも、レタス、水菜、ニラなどが品薄で、2~5倍の値段になった。スタジオに持ち込んだ野菜の値段――。水菜158円(先月30円)、ほうれん草128円(88円)、長ネギ198円(128円)、ニラ78円(38円)、レタス100円(50円)といった具合だ。

気象予報士「お天気は変えられません」

   各地の状況はさまざま。長崎では日照が少なく、葉ものが育たない。ほうれん草、小松菜などが、腐ったり、病気になったり。

防ぎようないの?

   長野・北相木村では、白菜畑一面に切り捨てられた白菜がそのまま放置されていた。雨で育ち過ぎて、いわゆる過熟というヤツ。中に黒い斑点ができて、商品価値がなくなったという。そこで、切るだけ切って、朽ちるのをまっているのだと。なんとも無惨。

   東北はときならぬヒョウの被害だ。岩手・岩手町では、ほうれん草の葉が穴だらけになって壊滅状態。被害はキャベツ、葉タバコ、大根、ピーマンにも及ぶ。畜産も含めると、被害は1億円を超えるという。青森ではリンゴを直撃。ヒョウは直径1~1.5センチもあったという。

   漁業にも被害が出ている。熊本では、赤潮のためにブリ、シマアジ、カンパチなど41万尾以上が死んだ。海面に死骸が浮かんでいる。天草市では被害額6億円以上という。今後天候がよくなると、赤潮が広がるおそれがあるそうだ。

   みのが「なんでヒョウなの」と聞く。

   気象予報士の森朗は「雨が降りやすいうえに、上空に寒気が入ってますから」と局地的豪雨、気温の乱高下、日照不足をあげた。今後も西日本、東日本では台風が来るかもしれず、北日本は冷夏の可能性もあるという。

   みの「防ぎようないの」

   森「お天気は変えられません」

   みの「あれだけ白菜やキャベツ作って、腐らせるしかないなんて、もったいないよねぇ」

   森「ヒョウだけは、危ないというのはわかります」

   みの「わかるの?」

   森「雷注意報に注意してください。局地的な雨、突風、ヒョウが同時にありますから」

   みの「といって、そのときだけ畑に覆いをするわけにいかないもんねぇ」

   こいつは案外、大変なことになるかもしれない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中