2018年 7月 20日 (金)

あの茨城空港に4000円で上海から飛行機が飛んでくる!

印刷

   あの茨城空港に追い風が――!? 唯一の国内線だったスカイマークが、施設を共用する自衛隊(の祭り)とのいざこざから運行を取りやめて先行きが危ぶまれていたが、10月から復活してさらに路線拡大することになったという。

   加えて7月28日からは中国の格安空会社、春秋航空がチャーター便で茨城・上海間を結ぶ。そして、早ければ10月に就航する予定の定期便では、オドロキの価格が実現するという。

水や食べ物、毛布は有料

   なんと茨城・上海が往復4000円。この価格が紹介されると、赤江珠緒キャスターはじめ、コメンテイター陣は口々に「エーッ!」と、オドロキの声をあげた。

エーッ!

   ただし、いくつか条件があるという。どうせ話題づくりで、実際はほとんど4000円では利用できなかったり――!?

   番組によれば、曜日は月~木曜日限定、座席も限定で全座席の20%(繁忙期)~50%(閑散期)となる。また変更・払い戻し不可。水や食べ物、毛布などは有料。うるさ型のスパモニコメンテイター陣もふんふんと聞いており、とくに条件へのクレームは出なかった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中