2018年 7月 17日 (火)

「教授室をアルミホイル巻き」夏休み明けに戻ってみたら…

印刷

   新聞の抜き読みで、報知の記事。「教授にいたずら『アルミホイル大作戦』」とある。大学の研究室とおぼしき部屋に教授が座っている写真が出ているのだが、部屋中どこもかしこもギンギラのアルミ箔で覆われている。

   アメリカ・ミネソタ州の大学で、教授が1週間の休暇から戻ってみると、教授の部屋の壁から本棚、本、ペン、イス、コーヒーポットにいたるまで、すべてがアルミホイルで包まれていた。

60メートル巻き10本

   教授の休暇中にいたずらをするのは、この研究室の慣例だそうだが、教授も「今回のは面白い」と大喜び。ただ、使われたアルミホイルは、60メートル巻きが10本というから、これは取り除くだけでも大変だ。

全部アルミ?

   司会のみのもんたが「全部アルミかい?」とカップとペンを井上貴博アナに手渡した。井上が「こういう風になっていたということです。みのさんが持っているのは本です」

   みのはアルミホイルをはずしながら、「学生さんがどんな本にアルミをかけたかというと、こういう世界の名著になるであろうという…」と取り出しましたるは、『義理と人情 みのもんた』(爆笑)。

   井上「これはわれわれスタッフが選んだものです」

   みの「エッ、そうなの。学生が選んだんじゃないの」ととぼけてみせる。

   これだからテレビは油断ができない。みのはCM入り直前まで、本をカメラに向けて「まだだいぶ残ってる……」とつぶやいて見せた。いやご立派。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中