ウディ・アレン監督 わがまま仏大統領夫人に激怒

印刷

   フランスのニコラ・サルコジ大統領夫人といえば、元モデルのカーラさん。そんな彼女がウディ・アレン監督の新作映画に出演することになり、先頃撮影が行われたという。ところが、番組によれば「彼女のサル芝居に巨匠もお手上げ」なんだそうな。

新作映画にチョイ役出演

   チョイ役なのに、やりすぎのカメラ目線で35回も撮り直しさせ、見かねたアレン(しかし『巨匠』というマクラはどうにも不似合いだ)が直々に演技をつけていると、「監督の話なんかまるで聞かず、(見学しに訪れた)大統領に投げキッス」(デーブ・スペクター)したという。

   これにはアレンも激怒したが、カーラ夫人はまるで意に介さず。撮影が終わると、さっそく大統領のもとに向かい、肩に手を回してラブラブだったという。

   たしかに、おアツいのがお好きなようだが、役者というよりは政治家向きのアツかましさをお持ちのようだ。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中