ダンカン胃カメラ異常なし 110歳以上長生き目指す

印刷

   お笑い芸人のダンカンが2010年8月6日のブログで、胃カメラを飲んできたことを報告した。

   胃カメラ経験10回以上の「ベテラン」だというダンカンは、カメラのモニター画像を確認しながら、先生と会話をしている。「あ、ここ少し荒れてますね」と言えば、先生は「ま、気になる程じゃありませんね」と返してくれるという具合だ。

   しかし先日、サザンオールスターズの桑田佳祐が食道がんを公表し、大相撲の武蔵川理事長も胃がんの摘出手術を受けていたことを明かしたばかり。本人としても少し不安だったが、「これといった異常は、なく一安心」と胸をなで下ろした。また、肺がん検査でも正常だとわかり、「かくなる上は、110歳以上長生きして、身元不明じいちゃんを目指すのだ」と冗談を飛ばしていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中