大阪「100万円おっちゃん」ラーメン店に「子供たちに食わせて」と札束ポン

印刷

   小木逸平アナが大きなボードを出した。「WANTED」とメガネをかけた丸顔の男のイラスト。「いま子どもたちの間でこのオジさんが指名手配中です。その名も『100万円おじさん』」

1540杯を高校生以下に無料提供

   先月27日の午後3時ころ、大阪・住之江区のラーメン店「麺匠 味冨久(みふく)」に来た客が、ラーメン、ギョーザを食べ、チューハイ2杯を飲んだ。まあ、普通に食事を終えたのだが、ここからが仰天話。この男、レジで会計を済ませると、「これで子どもたちにラーメン食べさせて」とポンと100万円を出すではないか。驚いた店員が「受け取れません」なんて言っているうちに、男はタクシーを拾って「逃げて」しまったというのだ。

競艇で1発当てたんだよ

   困った店長(35)はあわてて警察に届けて「拾得物」扱いになったが、翌日に電話がかかってきて、「あのお金でラーメン食べさせた?」と確認してきた。

   こうなると、店としてもラーメンを提供せざるを得ない。「329(みふく)ラーメン650円」を、100万円分。割り算すると1540杯を「高校生以下限定」として、無料で食べさせることにした。

   たちまち店は子どもたちでいっぱい。初日70人、2日目150人、3日目340人、次が550人、そして430人と、わずか5日で売り切れとなった。「子どもたちの口コミの早さはすごい」と小木。

   店内には番号をふった紙がぎっしりと張られ、子どもたちが自分の番号にそれぞれ書き込みをしている。「おっちゃんありがとう」「うちにも100万円もってきて」などなど、さすが大阪。

   店長はおっちゃんの似顔絵の入った指名手配書をつくって、「街で出会ったら『ラーメン食べさせてくれてありがとう』と伝えましょう」とやった。その手配書が先の「WANTED」だ。

   しかし、店長の心配はまだ続く。いまのところラーメン100万円分は店が立て替えたことになっている。遺失物法では3か月たっても落とし主が現れないときは、拾った人のものになるのだが、ひょっとしておっちゃんの気が変わったら……。

松尾貴史似にスタジオ「違うの?」で爆笑

   タレントの松尾貴史「ラーメンの原価はもうちょっと安いから、100万円かかってはいないよね」

   小木「細かいことを言うところをみると、(おっちゃんは)松尾さん?」(爆笑)

   たしかにイラストはちょっと松尾似だ。

   赤江珠緒キャスター「でも正直な店長さんですよ」
弁護士の田中喜代重は「これ遺失物じゃない。贈与税払わないといけない」
鳥越俊太郎(ジャーナリスト)「住之江だから競艇で1発当てたんだよ」
小木「でも開催日じゃなかった」
松尾「今日は100万円捨てるつもりで行ったら、開催日じゃなかった」
小木「やっぱり松尾さんですね」(大笑い)

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中