ベンツ置きっぱなしで被害者宅入りびたり…仙台・教師殺害の経営者

印刷

   4月の仙台の高校教師殺害事件では、娘の家庭教師をしていたことがあるという会社役員と、すし店主が殺人の疑いで逮捕されているが、そこに被害者の妻もあらたに加わり、ワイドショーにあつらえ向きの展開になってきた。しかも番組によれば、妻は元家庭教師と「親密」な関係にあったらしいという。

逮捕の妻とも一緒に犬の散歩

   現在も高校教師宅にとまったままのクリーム色のベンツ(かなり年代物に見える)は、元家庭教師のもの。この家をたびたび訪れて、妻と一緒に犬の散歩をしていたことも目撃されている。警察に任意同行される際には、この家から連れられて行ったという。

   車の存在は近所では注目されていたらしい。「家庭教師の車だと思われていたが、頻度、時間があまりにも多く、逮捕に『やっぱり』との声もあった」とリポーター。

   「犯行後にも出入りするって、神経がわからないよね」

   事件後、数か月は「自粛」していたものの、逮捕直前にはまた出入りが復活し、車がとまってるのがよく目撃されていたそうな。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中