2018年 7月 21日 (土)

靖国神社の8月15日 閣僚参拝してもしなくても「政治的」

印刷

   65回目の終戦記念日に番組が向かったのは靖国神社だった。より正確に言えば、靖国神社だけだった(放送を見る限り)。境内は賑わっていたが、60年間、靖国神社で写真を撮り続けているという男性は「若い人が数少ない」ことが不安だという。

   その「若者」に聞いてみると、「1年に1回ちゃんと考える日というので、毎年来させていただいている」(20代会社員)といった答えが返ってきた。

空襲で死んだ人や沖縄は…

   毎年、首相をはじめ閣僚の参拝も物議をかもすが、コメンテイターのピーコはそうした靖国を取り巻く状況が「政治的」に見えるという。「政治的に利用されるのがちょっとヤダなと思う」と言う。

   ピーコ曰く、戦争には空襲で死んだ人もいれば、沖縄のこともある。なぜ戦争を「考える」のが、基本的に戦死した軍人がまつられてる靖国神社なのか、その理由がわからない。

「ひとりひとりが犠牲者を鎮魂して、戦争は起こしませんと思うのはどこでもできる。なぜ靖国神社じゃなければいけないのか――」
文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中