靖国神社の8月15日 閣僚参拝してもしなくても「政治的」

印刷

   65回目の終戦記念日に番組が向かったのは靖国神社だった。より正確に言えば、靖国神社だけだった(放送を見る限り)。境内は賑わっていたが、60年間、靖国神社で写真を撮り続けているという男性は「若い人が数少ない」ことが不安だという。

   その「若者」に聞いてみると、「1年に1回ちゃんと考える日というので、毎年来させていただいている」(20代会社員)といった答えが返ってきた。

空襲で死んだ人や沖縄は…

   毎年、首相をはじめ閣僚の参拝も物議をかもすが、コメンテイターのピーコはそうした靖国を取り巻く状況が「政治的」に見えるという。「政治的に利用されるのがちょっとヤダなと思う」と言う。

   ピーコ曰く、戦争には空襲で死んだ人もいれば、沖縄のこともある。なぜ戦争を「考える」のが、基本的に戦死した軍人がまつられてる靖国神社なのか、その理由がわからない。

「ひとりひとりが犠牲者を鎮魂して、戦争は起こしませんと思うのはどこでもできる。なぜ靖国神社じゃなければいけないのか――」
文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中