【感涙戦評】興南4強 配球を変えて持ち直した島袋

印刷

8/18 第2試合▽準々決勝▽聖光学院 3-10 興南
聖|030 000 000|3
興|021 310 03X|10

    思わぬ波乱の立ち上がりとなった。2回、聖光学院が島袋を叩いたのだ。3本の二塁打と2本の短打で3点。島袋の速球、フォークボール、チェンジアップと得意の球をことごとく打った。速球派の島袋にしてはいつもの球の切れがなかったが、聖光学院の積極的な打撃だった。島袋は、しかし流石だ。慌てることなく3回からは、変化球でカウントを稼ぎ、速球で勝負するという、いつもとは逆の配球に切り替えて立ち直った。その後9回まで5安打に抑えた投球の幅はたいしたものだ。

スキを見逃さない興南の攻め

    興南もすぐ反撃する。2回に2点、3回には中前への小飛球を聖光学院の野手がぶつかり合って落球、この失策につけ込み3点を奪って逆転した。5回にも敵失と暴投に乗じて加点したが、ちょっとしたスキを見逃さない興南の攻めだった。8回には2死から三塁打で決定的な3点を加えて聖光学院を突き放した。春夏連覇という大きな目標を持つチームの強さを感じさせる。

    歳内は冴えが見られなかった。持ち前の速球に切れがない。だからフォークにも威力がなく、そこを興南の打者に狙い打たれた。2回の先制でかえって上体に力が入り過ぎたのか。じりじりと戦況を悪くして芳賀の救援を仰いだ。打線も島袋を打ったことで大振りになったきらいがあった。

岡田 忠


岡田 忠(おかだ・ちゅう)プロフィール
スポーツジャーナリスト。1936年広島県生まれ。立命館大学卒。朝日新聞社東京本社編集委員を96年に退職して現職。高校・大学では野球部に所属し投手をつとめる。高校野球のテレビ解説経験も豊富。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中