2018年 7月 19日 (木)

「小沢に入れないと怖いし、入れれば地元有権者が怖い」頭痛い中間派

印刷

   民主党代表の座は結局、菅直人首相と小沢一郎前幹事長の「ガチンコ勝負」で争われることになった。この展開について、MC代行の久保田智子アナ(みのもんたは夏休み)がコメント陣に感想を求めた。

・・・・・・

   片山善博(慶應大学教授、元鳥取県知事)「小沢さんは無念だったろう。これまでは自分では出馬しないで誰かダミーを担いできた。とうとう担ぐ神輿がなくなって自分が出ざるを得なくなった」

   川戸惠子(日本選挙学会理事)「進むも地獄、退くも地獄でしょうね。勝っても国会で『政治とカネの問題』を追及される。今度こそ弁明せざるを得ない。菅さんというより、世論との戦いになる。世論をどう説得するかが勝負どころ」

   久保田が「議員の人は小沢か脱小沢のどちらかを選ぶことになるわけですよね」と口を挟むと、金井辰樹(東京新聞政治部次長)がある若手から聞いたという話を披露した。

   菅さんに入れたことが小沢さんにバレると小沢さんが総理になったときにひどい目にあう。でも、小沢さんに入れたことが地元有権者にバレると選挙のとき困る。さあどうしよう――と頭を抱えているのだそうだ。

   中間派グループにはそんな議員が多いに違いない。これから2週間、両候補陣営による激しい取り込み合戦が繰り広げられることだろう。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中