スパモニ「聞き捨てならない!」エリカ3年前の涙は演技だった

印刷

   「スパモニ」にとって、聞き捨てならないニュースがスポニチに載った。沢尻エリカを知らなかった人までを怒らせた、2007年の「べつに……」騒動のあと、沢尻が赤江珠緒のインタビューで見せた涙が「演技だった」というのだ。

   スポニチの見出しは「エリカ様暴露」「絶対したくなかった」「涙の謝罪は演技」とある。CNNが運営する情報サイトの取材に答えたものだという。

赤江珠緒キャスターがインタビュー

   謝罪番組は07年10月3日放送。赤江の質問に沢尻は大粒の涙を流して反省していた。当時担当した中島亨兵デスクは、「スポニチの記事は、読み方によっては、演技であることをこちらが知っていて放送したととられかねないので、そうではないと言っておきたい」と憮然とした表情。

涙流してはいるんだ

   中島によると、インタビューは一度中断があったが、「演技だとは思いたくない」と言う。小木逸平アナも「赤江さんが言ってましたけど、中断のあと、長い長い沈黙があって、ずっと話しかけていたら、ほろりと涙が出たと、そんな感じでしたよね」

   映像は中断のとき、録画を再開したあとも全部あるのだが、沢尻の表情は本当に見える。中島は「30分くらい別室で事務所の人と話はしていたのだが、指示があったとは思えない」

   神足裕司(コラムニスト)「これ見たけど、もし演技だとしたら、エリカさんは大女優ですね。すばらしい女優ですよ」

   しかし、女優の東ちづるは「どいうようなことを計算していたのかな、とちょっと考えちゃったんですけどね。でも、私もこれ見て、カウンセリングのような効果でほろりときたのかなと思っていたんだけど」

   神足はなおも「あの演技はこの若さではできないんじゃないか」

   字幕には「沢尻エリカ 当時21歳」 とある。たしかに、ほろりと来た涙が唇にまで流れ落ち伝、指でなぞったりしている。これが演技なら、なるほど大竹しのぶ級だ。「突然ドバァと涙 ですからね」とサンマがよく笑わせていた。

   上宮菜々子アナ「CNN系で英語で答えているので、訳し方や解釈で表現は変わるかもしれない」

   中島「いま日本で思うような活動ができないので、不本意なことを言ってしまったのかなぁ」

   小木「あれは演技だったと言ってるわけじゃない」

   コメンテーターの鳥越俊太郎「涙を流したのは間違いだったといってるんでしょ。涙は流してるんだ」

   肝心の赤江が夏休みでいなかったが、来週出てきてなんと言うか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中