カナダの珍商売「万引き犯レンタル」…でもなんのため?

印刷

   司会の小倉智昭御大直々にプレゼンターをつとめるコーナー「このままじゃ終われない」で、世界の珍しい商売を紹介していた。カナダには、書店やスーパーなどから依頼されて「万引き犯」をレンタルする商売があるという。「いったいどんな目的で依頼するんでしょうか」とオグラ。

社員研修

   「わかった! 社員研修」と笠井信輔アナ。笠井が「わかった」ときは、だいたいわかってないときである。もちろん不正解。

   この万引き犯はつかまるのが仕事。客のサクラというのはよく聞くが、万引き犯のサクラなのであった。シナリオ通りに店員につかまり、「なにやってんだ!」と叱責され、「すいません。もうしません」と涙ながらに謝罪。その様子をほかのお客に見せて、見せしめとする。「犯人」役は無名の俳優がつとめることが多いんだとか。

   実際に万引きの被害がかなり減るというから、これは安い買いモノ!?

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中