携帯電話没収で「ペナルティ」「サンドウィッチマン」困った!

印刷

<アメトーク(テレビ朝日系木曜午後11時15分)>深夜枠の番組にしては視聴率が高く、長寿番組だ。その人気の理由でもあり、番組の核とも言えるのが「◯◯芸人」といったカテゴリーごとにゆかり芸人が登場し、トークを繰り広げる。

   この日は「ケータイないと不安芸人」をテーマに、ペナルティのヒデやココリコの遠藤らが登場。もちろん、自分たちの携帯電話を持ちこんでいて、仕込みなのだろうけれど、番組中にも鳴る。品川庄司の庄司も奥さんの『ミキティ』から愛のメールが届き、そのメールを公開するハメになった。(というよりも、本人も公開したかったのかもしれない)

   ペナルティのヒデとサンドウィッチマンの富澤から携帯を1日没収といったロケも行われた。携帯がないと生きていけないと豪語(?)するだけに、待ち時間の暇つぶしを始めとして、楽屋の情報や渋滞状況が分からないなど、非常に不便そうである。

   番組でそういう場面を見ているとつい笑ってしまうが、私たちの普段の生活はどうだろうか。朝の通勤電車ダイヤや会議場所、大切な人の電話番号でさえ、携帯電話がないとわからないのではないだろうか。携帯が普及してから、私たちは誰かと会おうとするときも、具体的な集合場所を決めずに、時間になったら携帯電話で連絡を取り合うようになった。携帯電話がなければ、会うことさえできなくなっている。

   今回のカテゴリーは何も特別な芸人ではない。私たちもそのカテゴリーに属するのかもしれない。ある意味、アメトークでは『特殊』なカテゴリーの放送になった。

                                 

YUKK

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中