「石原さとみ」お化け驚かすニセ霊能力者 ド派手衣装魅力

印刷

霊能力者 小田霧響子の嘘(テレビ朝日系日曜23時)>「小田切」でなく「小田『霧』」なところがまずうさんくさい。そして、響子(石原さとみ)のド派手でいかにもな衣装もうさんくさい。でも、普段はそんな派手な格好をしそうにない石原さとみにすごく似合ってるから不思議。

AKB48大島優子ハイテンション女社長

   響子はカリスマ霊能力者。大物俳優にも「見えました。あなたの最愛のご家族が!」なんてお告げをしてテレビ番組にひっぱりだこだ。(そういえば、ちょっと前にもこんな番組よく流行った)。でも、本当は霊視能力なんて皆無で、仕事もいとこで芸能事務所の社長・薫(大島優子)に無理やり働かせられている、なんてちょっと間抜けで普通の女の子。そんな響子が謎の男・谷口(谷原章介)とともに調査を依頼された事件を解決していくというストーリーだ。

   初回は心霊スポットと噂される女子大の図書館の調査を依頼される。潜入するも、本当は幽霊なんて大嫌いの響子がビビる様が面白い。お化けに驚かされる前にお化けを驚かそうとしてみたり、「お化けなんてないさ~」と歌ってみたり……。石原さとみは「左目探偵EYE」の保健の先生役でもこういうコミカルな役を演じていたが、案外ハマっている。さすが女優さん。というか、ド派手な衣装で『霊能力者小田霧響子』があらわれると、ついつい画面にくぎ付けになってしまった(嘘なのに)。

   連続コメディドラマには初出演というAKB48の大島優子も、テンションの高い女社長役が結構似合っている。女子大の教授として水野真紀がゲスト出演していたりと、ゲスト陣も豪華だ。深夜ドラマが最近、盛り上がっているのかも。

   

(てらっち)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中