桜塚やっくん 事務所退社し独立「一念発起した」

印刷

   「スケバン恐子」のキャラクターで知られるお笑い芸人・桜塚やっくんが、所属事務所を辞めて独立したと10月16日(2010年)のブログで報告している。

「私、桜塚やっくんは先日所属事務所を辞めまして、新たに会社を立ち上げました」

   34歳の桜塚は「もういい年だし、自分の人生おんぶにだっこじゃいけないなと思って一念発起した」とその胸の内を明かす。と同時に、今は知らないことばかりの毎日で、「自分の無知さを痛感するいい機会になりました」とも語る。

   独立後は、人のありがたさを肌で感じていて、新たな出会いも重なり、「なんか、ものすごく楽しいね」。事務所とは円満退社であること、忙しさが数倍になったこともあわせて報告した。そのうえで、本人は「自分を大きく成長させるには、環境を変える。これにつきます」とやる気十分だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中