古賀茂明(経産省キャリア)「民主の公務員改革インチキ」スパモニで生告発

印刷

   話題の人物をゲストに招いた。キャスターの赤江珠緒が「政府の公務員制度改革を批判する現役のキャリア官僚が覚悟の生激白です。先週は国会に呼ばれ、今月いっぱいで退職を迫られているとも言われています」と切り出す。

   経済産業省大臣官房付の古賀茂明(53)は、雑誌に「民主党の政治主導は看板倒れ」「天下り根絶の原点に戻れ」と主張する論文を発表、参考人として呼ばれた10月15日(2010年)の参院予算委員会でも政府方針を批判した。聞いていた仙谷官房長官が「こういうやり方は彼の将来を傷つける」と答弁し、「恫喝だ」として国会で厳しく追及された。

仙谷官房長官の恫喝「凍りついた」

   スタジオで、リポーターの玉川徹が「この恫喝をどう受けとめたか」と尋ねる。古賀は「凍りつくような感じがした」と言う。

人生考え直したのか

   古賀は省庁が「天下り」を温存しようとする狙いと仕組み、民主党がそれを許容する理由、「本当の改革」が必要な理由などを語った。

   鳥越俊太郎(ジャーナリスト)が、古賀が福岡県出身で同郷であること、2005年に大腸がんの手術を受け、その主治医、執刀医が自分と同じだったことを明らかにしたうえで、「人生について考え直したのではないか」と聞く。

   これに古賀は「やりたいことをやり残したくないと思った。怖いものがなくなった。1回、死ぬかなと思ったし」と答えた。

   赤江が「改革を動かすには民意が一番力になるのか」と問いかけると、古賀は「こういう番組で取り上げてもらうこと」と応じた。

   政府は彼をどう処遇するか決めかねているらしい。どう転んでも、古賀は自らの道を邁進するに違いない。いっそのことコメンテーターに転じたらどうだろうか。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中