回転寿司「最初のネタ」「最後のネタ」で人気1位は?

印刷

   「追跡ランクなう」では、検索語からなつかしや「キグレサーカス」の名前が上位に出たが、事業停止になったという寂しいニュース。昭和がまたひとつ終わった。次なるランクは「回転寿司で最初と最後に注文が多いものは?」というバカバカしいもの。

   まず最初で多いのは、10位から順に、生エビ、ネギトロ、アジ、玉子、ヒラメのえんがわ、イカ、ハマチ・ブリ、まぐろ(中とろ)、まぐろ(赤身)ときて、「さて1位は何でしょう」と田中大貴アナ。「タコ」「鉄火巻き」などいろいろ出たが、実は「サーモン」

「エーッ」 「子どもたちにも人気です」

   「なんで江戸前でサーモンなの」(笑い)とへそ曲がりの司会・小倉智昭。

   田中「小倉さん怒るかもしれませんが、次は『最後に食べるもの』ベスト5です」

   5位が「まぐろ・中とろ」、次いで「まぐろ・赤身」「ネギトロ(軍艦巻き)」「サーモ ン」ときた。さて1位は…。回転寿司店の客の声は「安くておいしい」「最後に食べると落ち着く」「最後までとっておいて味わって食べます」

   田中「大人から子どもまで大好きなあれです」

脂っぽさ、魚の味の口直し

   前田忠明(芸能デスク)は「あなご」、田中ウルヴェ京(元シンクロナイズドスイミング選手)は「玉子」、笠井信輔キャスターは「いくら」、中野美奈子アナは「巻きもの」で、正解は田中の「玉子」だ。

江戸前でサーモン!?

   「なんで玉子なのかと聞いてきました」と田中大貴。お寿司屋さんは「脂っぽさ、魚の味の口直し的な感覚」という。ところが、「子ども、若者の好物で、女性にはデザート感覚で好まれているんです。それに、巨人・大鵬・玉子焼きという言葉があるが、昔は高価なもので食べられなかった。それで年配者には最後の1皿にという思いがある」とやったものだから、年配組はおさまらない。

   「先生」と手をあげた小倉、「昔から玉子は安いんです。誰でも食べられたから巨人・大鵬・玉子焼きだったんですよ。訂正してください」

   前田「先生、玉子は安いからです。皿の色を見て決めます」(笑い)

   「わかりました」と神妙な田中。やりこめて喜ぶコメント陣。

   しかし、玉子が高くて食べられなかったって、それは終戦直後の話でしょうよ。そんなこと覚えている年寄りが回転寿司なんかへ行くものか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中