宇多田ヒカル「ベスト盤」…要は中身じゃないの?

印刷

   音楽CDなどの、いわゆるベスト盤的なコンピレーション・アルバムが本当に「ベスト」なのかといったら、いつの世も議論は絶えない。選曲はもちろん(なんでこんな曲が!? 何故あれが入ってない)だが、オリジナル2枚からの2個1、誰も知らない曲ばかりとか、存在自体に疑問符がつくようなものが少なくない。もっとも、おかしな「ベスト」が出るウラには、契約消化などいろいろなオトナの事情があるようである。

「心がこもってない。買わないで」

   歌手の宇多田ヒカルは自分の「ベスト」に納得していない。24日(2010年11月)にEMIとユニバーサルから、同時に「ベスト」盤が出るが、「Utada」名義のユニバーサル版のほうは、過去のオリジナルアルバム2枚から、宇多田の意思とは無関係に選ばれ、発売されるのだそう。彼女はそれを「心がこもってない」ものだとし、「買わないで」とツイッターで訴えた。

法的には問題ない
「いや、でも心こもって歌ったんですよ。過去は。だから…」

   コメンテイターのテリー伊藤は勢いよく言い出して、途中で言葉を濁した。

   「自分が納得してないのに出ちゃうってのは、イヤな気持ちはわかりますけどね」と、司会の加藤浩次はアーティスト側に立つ。「法的には問題ないんですけどね」と言うテリーは制作者(発売する側)の顔をしていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中