「子どもの頃よく預かってもらった」 宇多田ヒカル、祖母との思い出語る

印刷

   歌手の宇多田ヒカル(27)が2010年11月6日、祖母が死去したことをツイッターで報告している。スポーツ新聞各紙によると、亡くなったのは、宇多田の母親の藤圭子(59)の母親の竹山澄子さん。11月4日17時30分、肝臓がんのため都内の病院で亡くなったという。

   竹山さんと藤とは20年ほど前から金銭トラブルで絶縁状態だったといい、宇多田は、

「おばあちゃんとは色々あってずっと会えなかったけど、子どもの頃よく預かってもらってお世話になったのは覚えています。おばあちゃんありがとう。お焼香してあげられなかったのが残念です」

と、葬儀や通夜にも参列できなかったことを明かしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中