AKB48「世界一」と美人判定員 知っておきたいまめ知識

印刷

   きのう(2010年11月18日)発売され た「ギネス世界記録2011・日本版」に、芸能関係がけっこう名を連ねていることがわかった、と小倉智昭が紹介した。

   最初が、AKB48。「世界一人数の多いポップグループ」として認定された。そして、女優の中村玉緒(71)。「1分間にあることを行いました、いったい何でしょう?」

1分間に手にキスをされた回数記録

   これが、「1分間に手にキスをされた回数」で、87回。「エーッ!」とスタジオ。中村さんは、「ほっぺたにキス」の方にも挑戦したが、これは記録達成できなかったとか。で、お笑いでも記録を持ってるのが何人もいた。

もう1回?

   ◆品川庄司・庄司智春(34)「1分間にお尻でくるみを割った数」43個。

   ◆ザブングル・加藤歩(36)「1分間で頭に巻いた輪ゴムの数」74本。

   この「1分間で」というのがいろいろあるのだが、小倉がお勧めというのが、「ピンポン球をどれだけ箸でつかめるか」というやつ。「記録は中国人の17個ですが、きょうは卓球部員の息子をもつ笠井アナウンサーが挑戦します。球の扱いには自信があるといっておりました」

   笠井信輔もやる気まんまん。スタジオには小川エリカさんという、「ギネス・ワールド・レコーズ」の公式認定員の美女が登場。小倉は「この方が認定しないと認められません」

   笠井は、上着を脱いで箸をもち、トレーに入ったピンポン球をつまんではポイを始めたところまではよかったのだが……なんと、「卓球台の上で、ワンバウンドした球をつかむんだとわかりました」。「そりゃ難しいわ」(前田忠明)

ピンポン球つまみに挑戦

   「やるだけやってみましょう」と認定員の笛で、ともかくスタート。小倉が台の上にピンポン球をポンと投げては、笠井が箸を出すのだが、全然つかめない。箸の握り方までがおかしく見えて、まあかすりもしないで1分間が終わった。「誰だこんなことさせたのは」と笠井。

   小倉「判定員は何人?」、「日本では私だけです」、「資格が要る?」、「トレーニングを受けて」、「で、申請をしてきていただくんですね」

   笠井「小川さんはなにか記録をもってるんですか」、「社員はとれないんです。家族もとることができません」

   小倉「ボクは初めて知ったけど、ギネスって、会社なんですか?」

   深澤真紀「もとはビールの会社ですよね。(ギネスブックは)飲みながら読む本ですよ」

   小倉が笠井に「もう1回やってみます?」とまた始めたが、相変わらずつかめない。「投げる方がやんなってくる」(大笑い)

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中