「チリ落盤」救出劇の映画化 「おもしろいのか」最新情報

印刷

   チリの鉱山落盤事故で地下に閉じ込められた作業員33人全員の救出から1か月ほど経った。

   世界のあちこちで、「奇跡の救出劇」映画化の話が持ち上がっているとされるなか、番組によれば、その一番槍となる映画「サンホセの33人」が来(12)月からチリとスペインで公開されるそうだ。スペインとコロンビアの合作映画で、作業員の生存確認から1週間後にはロケ地探しをスタートし、救出の数日後から撮影を開始したという。「とんでもないスピードですよね」と司会の加藤浩次。

「ゴールデンで」

   きょう(2010年11月19日)の番組はその予告編の映像をいち早く入手し、繰り返し流したが、番組コメンテイターのテリー伊藤は「予告編はたいしたことないね」。「急きょつくった感じはしますね」と加藤。

予告編は…

   テリーは、その後も「(内容も)たいしたことなさそうな気がすんだけど」と予想する一方で、「日テレもこの映画買って、ゴールデンで流してほしい。視聴率20%はいくんじゃないですか」と要望していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中