2018年 7月 21日 (土)

泉谷しげる、北朝鮮砲撃語る 「日本が考えるほど甘くない」

印刷

   歌手の泉谷しげるが11月24日(2010年)のブログで、23日にあった北朝鮮の韓国砲撃について書いている。

   とんでもない事件が起きたと世間は騒いでいるが、北朝鮮は戦後もずっと情報統制を敷いて臨戦態勢を続けてきた。中国に話を転じ、経済成長して金を持つようになったため、「出来れば戦わず『領土』を手に入れたいと思ってるハズ…わからんけどね」とも指摘した。

   一方日本はというと、情報を全く活かし切れず「世界のトンチンカンとしてギネスに載る勢い!」。いつミサイルが飛んできてもおかしくない状況であることを思い知るべきだとし、「境界線・領土問題は日本が考えるほど甘くないのである!」と綴っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中