「問題の夜」海老蔵と電話 脳科学者・茂木が明かした

印刷

   酒を飲んでいた最中に殴られ11月25日(2010年)朝、病院に搬送された歌舞伎役者の市川海老蔵と、事件前に電話で話していたという脳科学者の茂木健一郎が、ツイッターにその内容を投稿している。

   茂木は11月24日夜の「早い時間帯」に海老蔵と電話で話した。体調不良を理由に舞台制作発表会見をキャンセルしていた海老蔵だが、元気そうだった。ただ、「かなり身体的に疲労がたまり、これからの公演を乗り切るためにコンディションを整える必要がある」と語っていたという。

   これから食事をするために外出すると言っていた。茂木は「ご飯は食べなくてはならないし、コンディションを整える上でも、少し外の空気を吸いたいと思っているのかもしれない。電話の口調から、そんな印象を受けた」。

   海老蔵がどこに出かけて何があったのかは分からないが、「怪我をされたと聞いて心配している。一日も早く回復されることを祈る」と書いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中