高津臣吾投手「気分のよくない誕生日だ」 台湾で起きたこと

印刷

   今シーズンを台湾野球リーグでプレーしていた元ヤクルト・スワローズの高津臣吾投手が11月26日(2010年)、自身のブログで所属チームから来期は契約しないと告げられたことを報告した。

   25日が42歳の誕生日だったが、契約しないことを聞かされて非常に残念な気持ちでいる。今期は40試合に登板し、防御率1.88の好成績、チームも優勝したというのに。てっきり来期も契約できるつもりでいたのが「忘れていた。厳しい台湾でプレーしていたことを」と肩を落とす。

   まだ台湾で投げたい気持ちはあるものの、1度契約が解除されると、2年間は台湾リーグでプレーできないという決まりがある。そのため、台湾国内にある別の球団とも契約できない状況だという。

「これでクビ(自由契約)は7回目。ここ数年は毎年厳しい状況だ。これからどうするか…オレを必要とするほど、リリーフで困ってるチームはないか…あまり気分のよくない誕生日だ」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中