海老蔵「そうではなかったこともたくさんある」、報道に反論

印刷

   脳科学者の茂木健一郎(46)が2010年12月4日のブログで、暴行されて入院中の市川海老蔵(32)と電話で会話を交わしたことを明らかにしている。

   電話は海老蔵の方からかかってきたといい、5分間ほど話をしたという。茂木が

「大変だったね。だいじょうぶ? とにかく、一日も早く回復してください」
「怪我、大変だったね」

などとねぎらうと、海老蔵は

「ありがとうございます」
「もう、死ぬかと思いました」

と応じたという。茂木の方から事件についての話題を切り出すことはなかったというが、海老蔵は

「いろいろ報道されていますけれども、実際にはそうではなかったこともたくさんあるので、いずれ、ぼくが記者会見をして、きちんと説明したいと思っています」

とも発言。自らの口から事件について説明する考えを明かした。休演の可能性が指摘されている1月の公演については、

「一月公演も、ぜひやりたいと思っています」
「いや、できれば、演目は変えずに、そのままやりたいと思っています」

と、予定通り行いたい考えだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中