玉置浩二ナマ番組「FNS歌謡祭」スッポカシ

印刷

   おさわがせの「安全地帯」玉置浩二が今度はテレビの生番組をすっぽかした。12月4日(2010年12月)夜に放送されたフジテレビ系「2010年FNS歌謡祭」に、TOKIOとコラボで玉置が書き下ろした「NaNaNa(太陽なんていらねえ)」を歌うはずだったが、現れなかった。

   長瀬智也はバンダナにサングラスという玉置風のいでたちで待っていたが、結局、TOKIOだけで歌うことに。玉置周辺は「風邪気味で体調を崩していた」というが、これが連絡もないドタキャンであることは、歌の間奏部分で長瀬が「玉置さん、まだ間に合います」と話したことでも明らか。FNS歌謡祭はフジテレビ系が系列あげて取り組む特別歌番組で、これをすっぽかしたことで、玉置の芸能生活は終わったといえそうだ。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中